QxStack powered by VMware Cloud Foundation

概要

QCT QxStack powered by VMware Cloud Foundationは、SDDCプライベートクラウドを構築および実行するための最も簡単な方法を顧客に提供する、完全に相互運用可能なソリューションです。 このソリューションは、QCTとVMwareのCloud Foundationソフトウェアが提供する事前認定ハードウェアを用いて提供されます。 このSDDCに基づいた統合システムは、シンプルさの向上、価値創出の迅速化、セキュリティの強化、総所有コスト(TCO)の削減に重点を置く企業やサービスプロバイダに最適です

主な利点

  • VMware Cloud Foundationソフトウェアスタックにより強化された事前認証、事前検証済みのQCTハードウェア上で動作するターンキーのハイパーコンバージドSDDCソリューション
  • VMware SDDC Managerを使用してSDDCの導入、設定、および継続的な運用管理を簡素化し、シンプルさと迅速な価値創出を実現します
  • 現在および将来の容量要件に最も適するように、弾力性のある構成および拡張性を提供します
  • OPEXとCAPEXの大幅なメリットを手に入れることができる、SDDCソフトウェア機能と費用対効果の高いQCTのハードウェア

VMware Cloud Foundationを搭載したQCT統合システムを採用する理由とは?

F多くの企業にとって、従来のインフラストラクチャはソフトウェア定義データセンターへの移行が遅くれています:

 

  • 初期セットアップ  –  リファレンスアーキテクチャの設計から、複数ベンダーの個々のインフラストラクチャーコンポーネントの調達まで、最初のVMを展開する前に多大な時間と労力を費やされます
  • プロビジョニング  -  ユーザーフレンドリなツールがないハードウェア中心のコントロールポイントを増やすと、異種のインフラストラクチャーデバイスを操作するのが難しくなります
  • 継続的なライフサイクル管理  -  トラブルシューティングをサポートするために複数のベンダーと調整しなければならず、手作業によるソフトウェアのパッチ適用やアップグレードにより複数の管理サイクルが発生し、運用に悪影響を及ぼします

QCTとVMwareは、SDDCのソフトウェアとハードウェアインフラストラクチャーの構築、調達、導入、および管理方法を簡素化するために緊密に協力しました。この統合されたソリューションは、実証済みのQCTハードウェアプラットフォーム上に、完全なVMwareソフトウェアスタックを提供することにより、SDDCへの移行を開始します。

QCT統合システムハードウェアアーキテクチャー

QCTはハイパースケール・クラウドにおけるリーダーシップの地位を拡大しつづけています。ハイパーコンバージド・スペースにおいてVMwareなどの業界をリードするソフトウェアベンダーと提携することで、ハードウェアプロバイダからトータルソリューションプロバイダへの飛躍を実現し、プライベートおよびハイブリッドクラウドソリューションを企業に提供していきます。 さまざまなクラウドワークロードタイプ、システムインテグレーション、最適化の実証経験など深く理解することで、QCTはデータセンターのさまざまな要求を満たす最も効率的で、革新的でスケーラブルで展開が容易なハードウェアを提供することができます。

QCTによって提供される完全に統合されたシステムは、、設計、製造、グローバルサプライチェーンサポートまで網羅されています。 すべてのコンポーネントは注意深く選択され、厳密にテストされ、最適なパフォーマンスと互換性を保証します。

統合システムには下記のものが含まれます:

  

CategoryQCT Model NameQuantityNote
Server QuantaGrid D51B-1U Minimum (8) servers, scale up incrementally to (24) servers per rack Scale out up to (8) racks
Spine switches Cisco Nexus 9332PQ or Arista 7050QX-32S-R (2) 40G switches First rack only
Top-of-Rack(ToR) switches Cisco Nexus 9372PX or Arista DCS-7280SE-72-R (2) 10G switches Each rack
Management Switch QuantaMesh BMS-LB9 (1) 1G switch Each rack

主な特徴と機能

  • 完全に自動化されたプロセスを持つ、事前検証済みの統合化されたソリューション

統合システムは、出荷前に事前にラックマウントされ、事前に配線され、すべてのソフトウェアが事前にインストールされています。初回起動から数時間以内に、お客様はVMware Cloud Foundationを搭載した完全に統合されたシステムを手に入れるすることができます。

統合されたシステムがお客様のデータセンターに物理的に設置され、システムの電源がオンにされると、お客様はわずか数ステップで最初のVMを実行することができます – データセンターへの既存のネットワークへのアップリンクと電源接続、 IPやDNSの設定、ユーザー指定の性能と可用性の基づいた要件の設定
 

  • 柔軟かつ動的な拡張性

お客様は、QCT統合システムを柔軟かつ動的に拡張することができます。最小起動要件は8ノード(ラックの3分の1)です。お客様はサーバーごとに最大24ノードまで段階的にスケールアップすることも、複数のラックにわたってスケールアウトすることもできます

ハードウェア管理サービス(HMS)は、小規模および大規模の両方のリソースを追加するために、新しく追加された物理リシースを自動検出し、それらリソースを仮想ラックにシームレスに追加することで、仮想ラックをより大きな物理容量にシステムを壊すことなく拡張します
 

  • 物理リソースおよび論理リソースの統合された合理化された管理

VMware SDDC Managerは、ハードウェアデバイスレベルの詳細からネットワークタイプ、VMに至るまで、物理インフラストラクチャと論理インフラストラクチャの両方を管理するための単一の集中管理インターフェイスを提供します

VMware SDDC Managerは、ソフトウェアスタック全体の0日目から2日目までの操作を自動化します。 VMware Cloud Foundationスタックの起動プロセスを自動化し、完全なスタックのワンクリックパッチまたはアップグレードプロセスを可能にします。クラウド管理者は、更新のタイミングと範囲を柔軟に選択できます。

詳細

ソリューションの詳細、デモのリクエスト、またはPoC(検証環境)プログラムの開始については、QCT営業担当者にお問い合わせください。

カテゴリQCT モデル名数量備考
サーバ QuantaGrid D51B-1U 最小 (8) ノードから(24)ノード/ラックまで段階的にスケールアップ 最大(8)ラックまでスケールアップ
スパインスイッチ Cisco Nexus 9332PQ または Arista 7050QX-32S-R (2) 40G スイッチ 最初のラックのみ
Top-of-Rack(ToR) スイッチ Cisco Nexus 9372PX または Arista DCS-7280SE-72-R (2) 10G スイッチ 各ラック
管理用スイッチ QuantaMesh BMS-LB9 (1) 1G スイッチ 各ラック

あなたのリクエストを完了できません。 !

トピックの詳細は (FAQページ) を参照するか、(お問い合わせ)について弊社までご連絡ください

Quanta Cloud Technology Japan 株式会社 - QCT Solutions

東京都港区芝大門2-5-8 芝大門牧田ビル3F, 105-0012

Phone +81-3-5777-0818