QCTについて

会社概要

Quanta Cloud Technology (“QCT”) は、世界的なデータセンター ソリューション プロバイダーであり、標準でオープン SKU を利用しているハイパースケール データセンターで培った設計ノウハウを全てのデータセンターに対して展開しています。製品ラインナップには、サーバー、ストレージ、ネットワーク スイッチ、統合型ラック システム、およびクラウド ソリューションが含まれています。それらすべてが、各種ワークロードにたいして、ハイパースケールの効率性、拡張性、冗長性、管理性、効率性、および最適化されたパフォーマンスを提供します。QCT は、親会社のQuanta Computerの傘下のもと、最適化された世界的サプライチェインのサポート、統合化、エンジニアリング、データセンター製品およびサービスを、全領域にわたって提供します。QCT の親会社Quanta Computer Inc.は、フォーチュン グローバル 500 テクノロジー エンジニアリングおよび製造企業です。

QCT は、データセンター 管理者にメリットを提供します

革新的テクノロジー

世界最高クラスのデータセンター 事業者と協力しながら、QCT は最も革新的かつ高度なクラウド テクノロジーを探求しつづけています。

スタンダード かつ オープン な ハードウェア

QCT は、データセンター管理者が特定のベンダーに固定されないように、標準的かつ オープン な コモディティ ハードウェアを提供します。

効率性

QCT のハードウェアは、シンプルで最高レベルの電力および冷却効率をもつように設計されています。

柔軟性

QCT ハードウェアは、統合化された柔軟な設計により、高度に最適化されています。多様なクラウド サービスおよびデータセンター インフラストラクチャーの要件にたいして優れた拡張性と設定のしやすいシステムを提供しています。

柔軟性

QCT システムは、シングルノードからラック レベルの規模、および異なるクラウド / データセンターにおいても、容易に展開可能な設計となっています。

信頼性

QCTは、Quanta の技術力のもとでデータセンター向け製品のエンジニアリングおよび製造における14年以上の経験を有しています。QCT は非常に優れた品質および信頼性を提供することで、世界中の数多くのデータセンター 事業者に認められています。

統合化

ラック統合: QCT が設計したすべてのサーバー、ストレージ、およびネットワーク スイッチは、互換性の問題なく統合されており、同時に稼働するように検証されています。

ソフトウェア統合: QCT のハードウェアは、業界のメインストリームの クラウド インフラストラクチャーおよびビッグ データ ソフトウェアについて統合・最適化されています。

管理性

QCT が提供するシステムおよびラックは、一つの管理インターフェイスにより管理できます。

最適化されたパフォーマンス

QCT は、柔軟な製品構成、統合化、パフォーマンス最適化、およびエンジニアリング コンサルティング サービスを提供しています。、データセンター 事業者が独自のワークロードについて、最適化された性能を求める手助けをしています。

保守性

QCT は、ハードウエア製品について、修理、交換、および保守を単純化するツールレス部品を提供しています。

バニティー フリー (虚飾性のない)設計は、通常より少ない部品で構成されるという特徴を持っています。そのためMTBF (平均故障間隔)がより長くなることで、保守作業の頻度はより少なくなります。

迅速な展開のための事前構成

顧客がサービスの迅速な展開および拡張ができるように、すべての QCT システムおよびラックシステムは事前に構成、統合、および最適化されています。

グローバル サプライ チェイン、サポート、およびサービス

世界的な サプライ チェインおよびサービスにより、複数地域にわたる大規模かつ迅速なデータセンターの展開が可能になります。

経費削減効果

QCTのシステムは、シンプルさ、効率性、保守性、そして、利用および展開の容易さを有しており、データセンター 事業者に対して理想的なCAPEX および OPEX を提供します。

 

 

拠点 / 事業所

QCT は台湾の桃園に主要拠点を持ち、米国に二ヶ所(カリフォルニア州サンノゼ、ワシントン州シアトル)、中国に二ヶ所 (北京、杭州)、および日本に一か所(東京)に支店を開設しています。 

従業員

QCT は、エンジニアリング、アーキテクティング、セールス、マーケティング、フルフィルメント、およびサービスを含む、1,000人を超える従業員が世界中で働いています。

親会社

QCT の親会社は、フォーチュン グローバル 500 企業である Quanta Computer Inc. (Quanta) です。世界中のエンジニアリング、製造、およびサービス施設に 10 万を超える従業員を有しています。

ジェネラル マネージャー / リーダーシップ

Mike Yang が QCT のジェネラル マネージャー であり、Quanta Computer Inc. (Quanta)   CCBU  上級副社長およびジェネラル マネージャーを兼務します。

 

 

 

 

歴史

Quanta Computer Inc. (Quanta) は、2000 年にエンタープライズ ソリューション ビジネス ユニット (ESBU) を設立し、2010 年にクラウド コンピューティング ビジネス ユニット (CCBU) に拡張しました。当時 CCBU の総利益の大部分は委託先ブランドでの設計・製造 (ODM) によるものでしたが、直接販売が占める割合が急速に成長しつつありました。その結果、クラウド サービス プロバイダー、エンタープライズ、および SMB の顧客に対して、製品およびサービスといった活動を直接提供するために、QCT (Quanta Cloud Technology) が Quanta Computer Inc. の子会社として2012年5月に設立されました。 そのため QCT は、Quanta が持つハイパースケールの ”DNA” および、データセンター ハードウェア 領域において継続したリーダシップでありつづけた 14 年間の経験を、実質的に引き継いでいます。さらに、Quanta は、グローバル ネットワークを通じたエンジニアイング、製造、流通、サプライ チェイン サポート、およびラック アセンブリーなど様々なリソースを QCT に対して提供しています。